「いとうのいいもの」新規認定品をご紹介①

 

「いとうのいいもの」新規認定品をご紹介①

2022年11月1日

↑物産展に並ぶ認定品の様子(2022年8月)      

 

◆第6回「いとうのいいもの」新規認定品は7品目。

伊東の優れた物産品を認定する「いとうのいいもの」。

新規認定品として、

・「さばラー油」

・「イカ口ニンニク醤油」

・「ニューサマーラングドシャ」

・「極冷釜サザエ」

・「金目鯛煮付 焼きむすび」

・「伊豆高原ジェラート工房 ジェラート」

・「川奈ホテル フルーツケーキ」

が新たに加わりました。

今回は、その中から3品をご紹介します。

 

 

◆さばラー油(かずさや観光物産)

さばラー油

伊東港で水揚げされた新鮮なさばを使用し、さばの旨味とラー油のピリッとした辛さが合わさった最高のご飯のお供です。

 

◆イカ口 ニンニク醬油(山六ひもの店)

 

一般的に塩干しして製造することが多い「いかの口」をニンニク醤油たれに漬ける ことによりまったく新しい味わいに仕上げました。

 

 

◆ニューサマーオレンジラングドシャ(氏原製菓)

栄養価の高いニューサマーオレンジの皮を丸ごとピューレにし、くちどけの良いラン グドシャ生地に練りこみました。伊東商業高校の生徒と共同開発した逸品です。

 

◆「伊東ブランドいとうのいいもの」
伊東の企業の皆さんが創意と工夫を凝らし、育んだ優良な地域資源を「伊東の地域ブランド」として認定しています。伊東の新たな魅力創生に繋げることを目的した取り組みです。